必ず成果が上がる独学を。コミュニケーションまでをターゲットにし、使える英語を学ぼう!

撮影レポート

  • HOME »
  • 撮影レポート

8月7日から販売用の教材となるDVD/動画のほうの撮影が始まりました。メンバーのみなさんは、初日、緊張が解けるようにと、自己紹介に約1時間をかけてセッションを行い、レッスンを開始したときには、もう数週間も受講してきた感じの、これまでのPrecious One English Schoolの通い慣れた生徒さんになっておりました。「やはりグループ効果はすごいなー」「心理ありきを求めてくれている人たちはすごいなー」と、感謝感激でした。

最近、Amazon Primeで『孤独のグルメ』を一気に見ているのですが、ひとりで脳内であのようなセリフが出てしまう自分に気づいているけふこの頃です (・・;) ヒトってこんなふうに、環境にあるさまざまなものに、かなり強く影響されてしまうのですよね。

ですので、生徒さんの変化を如実に記録しておくため、あいまの時間に撮影したインタビューをyoutube動画にし、ご意見を入れながら撮影をしていくのがいいのではないか?と、さっそくHPにページを設定することにしました。生徒さんご自身が、ご自分で変わったところを記録できることや、新鮮な気持ちを忘れないため、学ぶことに加速度がつくため、の役割のわきに!将来的に「買ってみてもいいかも」「チャレンジしてみるか」と思っていただけるような、販売促進としても使えることがわかったのですよ。

主宰のおおだいらは、これまで生徒さんに安価に英語をマスターしていただくことを考え続け、廻りにいるお世話になっている方々に、呆れられるような言動も重ねてまいりましたので、今回は、このアドバイスを受けることにしてしまいました。「忠実な記録をしっかり見せることは悪くない」「その教え方が日本に浸透するためにはこれは方法としていいではないか」等々、まさしくおっしゃる通り。

多少手間がかかるのですが、みなさんのご協力があってこそ、私がこうして存在していけるわけで、このおもしろおかしい日々は続きます。こちらは撮影→ 販売までの軌跡をレポートします。

まず、

既存の英語基礎コース38に4つのPractice(方法論だけではない実践)を加え、独学が完全にできるように仕上げていく撮影では、こちらのカリキュラムを使います。

 

英語を生涯使うための勉強法

 

E: English, Φ: Psychology, E&Φ:英語と心理にまたがる分野 Practice:実践練習

レッスン# レッスン名 レッスン内容 説明
1 E-1 言語体系、英語の本質 誰も教えていない英語と日本語の差異
2 E-2 日本語力の確認・Vocabulary 母国語の基礎の上に積み上げる英語力
3 Φ-1 独学の準備 自主的に楽しく学ぶコツ
4 E&Φ1 Listening勉強法 英語を日本語のように聴けるようになる基本;脳をフルに使う
5 Practice 発音矯正 子音チェック後、母音の組み合わせを聴こうとする姿勢を作る
6 Practice Listening Practice では、毎日やり続けるListeningの基本を身につけましょう
7 Φ-2 学びの成り立ち このメカニズムを知ることで座学が要らなくなる
8 E-3 品詞 英語の全体像とパーツ
9 E&Φ-2 オンラインサイトの活用 生活&遊びのために環境を整える
10 Φ-3 Mobility, Schema, Identity ヒトの脳のしくみ→人になる!
11 E-4 時制-1 現在形・過去形・未来形
12 E-5 時制-2 現在完了形・過去完了形・未来完了形・過去未来形
13 Φ-4 Maslowの欲求段階説 

IQ, EQ, SQ

ヒトの欲求を科学し、賢さの在り方を改めて考える
14 E-6 助動詞 日本語に訳さない体感に落とす語感への導入
15 E-7 代名詞・不定代名詞 日本語で理解しているとマスターできない代名詞たち
16 Φ-5 読書の大切さ・読書リスト作成 脳機能を促進するには読書がイチバン!
17 E-9 形容詞・副詞 日本人は形容詞・副詞を多用しないことに気づいてから学ぶ
18 E&Φ-3 Speed Readingの勉強法 速く読めれば効率はなべてよくなる
19 Practice Reading Practice スピードを測ったあと、理解&映像を伴った読書へ改造
20 Φ-6 発達段階・What’s Trust? あるべき発達を知り、自己の環境を整え、生涯学ぶ態勢を作る
21 E-10 名詞・冠詞 数えることに敏感になり、名詞には距離があることを知る
22 Φ-7 Consciousness 脳内で使う言語=自分への語りかけを洗練する
23 E-11 比較 文化の土壌から比較を学ぶ→使えるようになる
24 Φ-8 Self-Esteem 自己肯定感をあげることにより学びは加速する
25 E-12 不定詞・動名詞 英語に暗記は必要ない証明;きっかけさえ掴めば体感で学べる
26 Φ-9 Locus of Control/Self-Disclosure 世界の中での自分の立ち位置確認と世界へ向けての自己表現
27 E-13 接続詞 論理性の高い話法への開眼
28 Practice Writing 3行日記形式から開始

Speakingに直結するWritingを

29 Φ-10 動機づけ やる気を起こさせるメカニズム
30 E-14 関係詞・名詞節 節のモヤモヤを一掃すれば書けて話せる
31 E&Φ-4 各種英語検定 英語検定は水戸黄門の印籠に過ぎない
32 Φ-11 情報処理 脳への情報インプットの方法を再確認することにより劇的変化を
33 E-15 分詞形容詞 ing/edがついたものは形容詞的用法でも受動態でもなく形容詞
34 Φ-12 目標設定 どうせなら役立つ目標設定を完全版で身に付ける
35 E-16 分詞構文 使用頻度や場合を考えてから分詞構文を学ぶ
36 Φ-13 時間管理 時間だけが生きとし生けるものに平等;どう使う?
37 E-17 仮定法・受動態 文法としては存在するが、実際はほぼ使われないことを学ぶ
38 E&Φ-5 Writingの勉強法 長い文章を書けるようにする準備
39 Φ-14 健康管理~ストレスと向き合う 何はともあれ健康が資本;ストレスコントロールを怠りなく
40 E-19 直接話法・間接話法・疑問文 書き換え問題から逸脱して学び、コミュニケーションを体現する
41 E-20 前置詞 体感に落とす学習の集大成
42 Φ-15 英語学習継続とその他の学習 英語を学ぶのはいつまで?英語で何かを学ぼう!

 

その後、みなさんに習熟度を実感してもらうため、今回はTOEICを使っています。数値化するとそのジャンプにみなさん、とてもびっくりなさいます。今回は4か月という短い期間なので、どのくらい上がるのか?がとても楽しみです。

TOEIC Basic Course

 

レッスン# テキスト 内容
1 TOEIC-1  TOEICの内容把握:セクションごと

スコアアップのための勉強開始準備

2 TOEIC-2 模試の解析:Listening&Reading

それぞれに必要なスキルを検討

3 TOEIC-3  Listening Part I
4 TOEIC-4  Listening Part II
5 TOEIC-5  Listening Part III
6 TOEIC-6  Listening Part IV
7 TOEIC-7  Reading Part V
8 TOEIC-8  Reading Part VI
9 TOEIC-9 Reading Part VII-1
10 TOEIC-10 Reading Part VII -2
11 TOEIC-11 時間配分の再検討と弱点の克服
12 TOEIC-12 模試独学とスコアアッププラン

 

最新のものは、別ページが開くようにしてまいります。動画をお楽しみください。

ご質問は KikumiODR@gmail.comまで TEL 042-499-2280 平日 10-22時 土日祝日 8-18時

PAGETOP
Copyright © Precious One English School All Rights Reserved.