英語検定試験に関するスタンスは、Precious One English Schoolの主宰、日本人が本当に使える英語を学んでもらいたいという立ち位置からすると、「英語を学び続けた結果、合格した、よいスコアが取れた」という状態が理想、と考えています。検定ありきで学習を開始したり、教材を絞ったりすることは、実際に使える英語へと繋がりません。

母国語が英語ではない人を、篩(ふるい)にかける目安としてのテストで、どの程度英語ができるのか?という物差しとして扱っても、測るべきものを測れているテストはあまり多くありません。本当によくできたテストがあったら、ぜひ教えてくださいね。コメント欄やメールなどで送ってください。お願いします。

実際にKick Me English:独学基礎英語大全では、各種英語検定についてお教えしています。

TOEICテストは、おそらくListening & Readingテストだけでは、実際には正確な英語の実力が測れない、というのは、多くの人口に対してもうすぐ周知の事実になってしまうことになるはずです。英語が本当に聴けるレベルなのか?ということを考えても、入口に立てるためのListeningですし、Readingの作りも、大学の授業や仕事に大いに役に立つ作りになっているか?という点においても疑問です。

TOEICを作っている協会では、S&W Speaking & Writingテストの部分を奨励していくことになりますが、その質の違いに、みな勉強の仕方に戸惑うことかと思います。

独学教材作成のための撮影をこちらのS&Wテスト向けにやろうと考えていますが、順番としては、1年後くらいになってしまいます。英語検定では、TOEICのL&Rを先に発売しました。次の撮影で英検準1級、その後TOEFLを撮影し、そののちにS&Wにする予定です。

なぜなのか?

やはり受験者数の伸び悩みが見られ、ハードルが高いものであるということがあるのと、既存のTOEFLテストの作りや、その英語力の測定の正確さを考えると、重宝なものとしての地位を築けないのではないか?と考えるためです。受験料が高いこと、勉強法が浸透していないこと、Speakingが20分、Writingが60分という時間とその内容に、どのくらいの人々がすでに習得していることを生かせるか?ということが疑問です。

できてから8年で、年間25000人以下の受験者数しかおらず、L&Rが年間240万人にも達しているに比べると、100分の1という普及率とニーズしかないのです。この先、少しは伸びるとは思いますが、L&Rと同じ規模になることはないですよね。英会話スクールに行っても無理なので、S&W用のコースや問題集などで学ぶしかないと思うのですが、どの程度上がるか?というのが、あまり見えないでしょう。

私個人は、2008年帰国後、英語教育支援業界で修行している最中にL&Rを2度ほど受験しましたが、2度とも満点の990点でした。満点以外の結果は想像できません。病気で苦しんで受験しない限りは取れます。

TOEFLを受験しても満点が取れるか?というのは、うーん、どうだろう?という感じでしょうか・・・。満点に限りなく近いスコアは取れると思いますが、受験慣れの部分、4時間の受験時間に対応しなければならない難しさがあるので、胸を張って満点が取れるとは言い切れませんね。過去、PBT形式のときに、2回目で650点、渡米後15か月めに取れたので、もう受験すら止めてしまいましたが、教えるようになってから生徒さんと模試をいっしょに受けても、集中力や体調次第だな、と思いはしますが、TOEICよりも気分が重い感です。それはやはり内容的にたいへんだからですね。

TOEICは今後どうなっていくのでしょうか?私が何か検定試験を社団法人と作って、作成してみるのもアリかもしれませんが、漢字検定などでもあるように、ただの集金制度として確立してしまうと空しいだけですものねぇ (・・;)

TOEICは、多くのビジネスのシーンを盛り込んでいる体ですが、実際にはさほど有用でもないのかなと感じます。英検との差は、座学寄りではないこと。ただ、日常的な言語を使うイメージからは、やはり遠いなという気がしています。でも、検定そのものに限界があるのですよね。

英語の行く先は、TOEIC960点以上あたりを取ったあと、その先のほうがずっと長いのです。どのように英語を使いたいのか?がまずイメージできているかどうか?TOEICその他の英語検定に振り回されず、言語をツールとしてうまい具合に、脳内で熟成できるか?に掛かってきます。それには、日本語力も同時に上げていかねば、天井はすぐに来てしまいますし、コミュニケーションスキルを上げねば、バックグラウンドの違う相手との相互理解は遠いままです。

そのためには、基礎になるものが大切です。それなしでは、ビルも倒れてしまいますし、問題が起きたら崩れてしまうものだらけです。検定は、励みとして扱うか、水戸黄門の印籠としてたまに出す程度がいいと思います♪