芦田愛菜ちゃんが名門女子中学に合格した話や、ビリギャル他、日本の勉強法は;

  •  読む
  •  要点にラインを引く
  •  ノートを作る
  •  暗記
  •  反復練習
  •  過去問題模擬試験実施

が王道です。教科によってこれに付け加えやその他が入ります。

 

問題になるのは、

→ 読むスピード力や理解力がついているか?

→ 要点を見極める力があるか?

→ 教科書やドリル、過去問題が正しいのかどうかを査定できるか?

→ 基本をしっかり積み上げた形で作られているか?

→ 時間やエネルギーを無駄にするような反復練習を必要とした作りではないか?

→ 過去問題模擬試験の重要性を強調されすぎていない状態か?

 

人が生活をしていくのに、もちろん稼げる人になる・自律&自立した人になるのはいいですけども、愛情や他者との関係性が構築できなかったり、楽しみや粋を知らなかったりなどは、のちのちお金や地位や名声があっても、なにかとても空しいものです。

美容やファッションに偏るのもナニですし、恋や愛に突き進み過ぎて他のエリアがおろそかなのもいただけません。すべてのエリアが、なるべく網羅できて、それがさらに高められる状態を作っていくのが、楽しくラクに生きていく秘訣です。

Precious One English School および Kick Me English:独学基礎英語大全では、心理レッスンでこの点について強調しています。ゆえに、人生そのものや、勉学したいこと、炊事やその他の家事、経済観念などなど、すべてを網羅でき、それが独学できるマインドセットに変化させていくことになっています。

勉学エリアはとっつきも悪く、意気込みがあるうちは継続率が高いのですが、生きていく中、さまざまなことが起き、どんどんやる気が失せていくのです。語学学習が続かない理由はここにあり、多くの方が脱落します。挫折を何度も繰り返しているのであれば、勉強法を変えてみる、という発想の転換が必要です。

物理的に座学をする時間が取れないのであれば、動的学習へと変化させていけば、定着して身体、特に脳が反応してくれ、定着度も高いものになります。

動的学習についてはこちらをどうぞ 動的学習と静的学習

1-6までをやりたいのであれば、ぜひともそれを短時間にすることや、なるべく量が少ない形になることを工夫していただきたいです。

読むという行為はナニなのか?をしっかり学んだことがあるでしょうか?自分は読むのが速い/遅いというのは、実際正しいのでしょうか?どうやって理解しているか?を測っていますか?テストだけでしょうか?だとしたら、テストをしなければわからないということ???

  • だけではなく、この疑問・質問は、残り5つだけではなく、もっと細かく問えば、答えられない人もかなりの数いるわけです。

ただ、結果として合格したり、いい点数が取れたりするだけで、本当にいいのでしょうか?語学はナマモノで、コミュニケーションの中で使われる道具です。たとえこれが数学であっても、社会学であっても、経済学であっても同じことで、東洋経済や心理テスト、買い物情報やニュース、仕事の内容などなど、すべてを短時間で、正確に、結果を伴いこなしていく力へと変えていく必要がないでしょうか?

だとしたら、座学部分を少なく、起きている時間でどのくらい能力があげられるのか?そしてそれが継続できてしまい習慣となって、やらねばならぬマインドと身体にいつの間にかなってしまっていること。いつも同じ以上の結果が出せて、まだまだ成長していくこと。

を考える学習法にしてみてください。

極力勉強時間を少なく、歩いているときも食事しているときも学んでいる事柄が、深く理解に到達し、成果が出ることを祈っています。