世界の文化はどのくらいあるのか?考えてみたことがあるでしょうか?

ユネスコ文化統計説明ページ

英語による文化統計の概要

文化:

1 人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた。カルチュア。「日本の文化」「東西の文化の交流」

2 1のうち、特に、哲学・芸術・科学・宗教などの精神的活動、およびその所産。物質的所産は文明とよび、文化と区別される。

3 世の中が開けて生活内容が高まること。文明開化。多く他の語の上に付いて、便利・モダン・新式などの意を表す。「文化住宅」

[用法]文化・文明――「文化」は民族や社会の風習・伝統・思考方法・価値観などの総称で、世代を通じて伝承されていくものを意味する。◇「文明」は人間の知恵が進み、技術が進歩して、生活が便利に快適になる面に重点がある。◇「文化」と「文明」の使い分けは、「文化」が各時代にわたって広範囲で、精神的所産を重視しているのに対し、「文明」は時代・地域とも限定され、経済・技術の進歩に重きを置くというのが一応の目安である。「中国文化」というと古代から現代までだが、「黄河文明」というと古代に黄河流域に発達した文化に限られる。「西洋文化」は古代から現代にいたるヨーロッパ文化をいうが、「西洋文明」は特に西洋近代の機械文明に限っていうことがある。◇「文化」のほうが広く使われ、「文化住宅」「文化生活」「文化包丁」などでは便利・新式の意となる。

culture:

the characteristics and knowledge of a particular group of people, defined by everything from language, religion, cuisine, social habits, music and arts.

shared patterns of behaviors and interactions, cognitive constructs and understanding that are learned by socialization. Thus, it can be seen as the growth of a group identity fostered by social patterns unique to the group.

世界にある文化を研究している人々は、Anthologistsですが、彼らが総意に達することはないと思われます。このユネスコの文化統計のページに書いてあるように、文化は次々と生まれ、変化し、新たな文化からまたもや文化が派生していきます。淘汰され死滅していくものもありますし、わずかな人口がその文化を生きているために、気が付かれていない文化すらまだまだたくさんあります。

そんな中、自分で見て聞いて体験していないものについて、多くの人々はたいへんに鈍感です。できることならば、たくさんのものの中から、自分が納得できるものを選び取れればいいのですが、日本という島国に戦後に生まれ育った多くの私たちは、それがかなり有利な状態であることすらあまり感謝していません。

ゆえに、海外の文化に対してのアンテナが偏りなく立っている人は少なく、客観的には見ていないことが多いのです。まず、入口としては、「自分の文化とは違う文化の:存在そのものを否定せず肯定する」ことから開始したいところですが、成熟度が低いヒトは、物事を、

好き嫌い →  損得  → 善悪や品位、美意識などのモラルや美徳

の発達段階のうちの、「好き嫌い」「損得」で捉えているため、最終段階での検証をあまり行う機会がありません。そうした意味では、世界の人々と英語をどのように使うか?という「話す内容」で、そもそも躓く可能性があるわけです。

好き嫌いの好き、損得のオトクだけに着目して、人付き合いを決めていくと、世界は広がらないままです。クビを突っ込むかどうかは別にして、拒絶する前に、世界の文化へのビンカンアンテナを立てて、少しだけ興味を持ってみて、知ってみることをおススメします。

英語を使えるようになっても、今の生活は不動なもので、新たな考えが入らない・新たな感動が入らない、というのでは、少し寂しすぎます。ましてや、たくさんの情報にアクセスできるようになっているはずなので、いろいろな文化に触れ、その感じ方考え方にも直接アクセスできれば、自分の今の暮らしは、もっと広がりが感じられるものになるはずです。そうなると、趣味もエンターテイメントも旅行も楽しくなりますし、それらが叶わずとも、オンライン上で楽しいことに出遭える確率がぐんとアップします。

元気に暮らしていくためのいろいろなアイディアを、英語で得られるようになり、生きていることそのものに感謝できて、毎日が楽しい感じ。それが叶えば、仕事も苦ではないし、仕事があなたの生きている証にはならないと思います。仕事だけが自分がこの世に残せるものでは、少し狭いですからね。

世界にはたくさんの文化があり、そのどれに心が突き動かされるのか?少し眺めてみてくださいませ。