英語学習の限界シリーズ第六弾は、「コミュニケーションの質」です。

日本語のコミュニケーションと英語のコミュニケーションの質の違いをしっかりと把握しているでしょうか?ここが限界点になっている方を多く見かけます。英語をそれなりにスムーズに話してはいるのだけれども、Nativesの理解を得られなかったり、自分も相手の返答が理解できない、というコミュニケーションの不完全燃焼が起きていることがあまりに多い感を覚えています。

そのため、Precious One English SchoolおよびKick Me English:独学基礎英語大全では、基本のキに「言語がもたらすさまざまな違い」について、徹底的に理解していただくことにしています。そのポイントを押さえて英語学習を開始しない限り、さまざまなことがスキルアップしたとしても、どこかで欠落が生じ、不完全な形で限界を感じてしまうことになるからです。

日本語での表現が、必ずしも英語に直訳して通じるわけではないことは、英語を少しでも学習したら覚える違和感です。何を観点にどうすればコミュニケーションの質が上がるか?ということに関して、教えてくれないで、「こう表現します」というのは、片手落ちですし、暗記を促進し、理解まで到達させない方法です。

Precious One English SchoolおよびKick Me English:独学基礎英語大全では、コミュニケーションについて、心理レッスンも含め、さまざまな形で入れ込んでいます。コミュニケーションについて、義務教育内で教えていないことは明白な事実です。自然な形で社会を家庭や学校、部活やアルバイト先など、人と触れ合うことで学んできたと、誇りを以って言える人は少ないものです。ある人が苦手だとか、どうしたらいいかわからないことがある等々、人間関係問題が生じる原因も、コミュニケーションに関わっていることはかなり大きなパーセンテージになります。

それが第2言語だったら??と思うと、みなさまのハートはもっとバクバクと鼓動してしまいますよね。

対訳をした場合に、最低限のことすら伝えていないケースが多いことは、指摘されたことがあるでしょうか?そんなとき、どうして?なぜそれが生じるの?という理解に達しているでしょうか?

英語と日本語の特長・特質・本質をしっかり押さえて、対訳をしないことや、語彙に頼らないこと(辞書は多くの場合、ぴったりの言葉を選べるとは限りません)などを肝に銘じて、日本語では省略できる言葉を、英語で入れ込んだり、日本語にない時制や前置詞や冠詞と単複をしっかり選べるようになったり、日本語とは違うニュアンスで選び取られている表現の肝やコツについて、早期に学んでしまうことにより、限界はなくなっていきます。

当然、日本語でのコミュニケーションスキルがベースになりますから、コミュニケーションスキルごと、文化の違いごとを教えてくれる教材やコース、スクールを選ぶことが大切になります。まずは母国語での自分のコミュニケーションスキルをチェックしてください。その後、何が正しいコミュニケーションなのか追求し、足りないところをマスターして、なくしたほうがいいものを削ぎ落としてください。でなければ、それを第2言語で実現することはできません。

そのためにも、心理レッスンを入れているのですが、人間関係がよくなった、悩まなくなった、気分が常にラクになった、楽しいと思えることが多くなった、などのお言葉をいただいております。

他者と同じように自分を扱えるかどうか?逆に他人に気を使えない人は、自分と同じように他者を扱えるようになるか?と着目したことがあるかどうかが大切です。

質をぐんぐん上げれば、不思議と他者はあなたに何かよいことをしてくれようとします。あなたもそれをお返ししたくなり、この返報性は相乗効果で上がっていき、おもしろいくらいに物事がうまく進んでいくようになります。ヒトを見る目も大切ですが、自分のことを知ることがやはり一番大切ですので、自分を客観的に眺めて、確かな事実を受け止められるようにしてください。

自己分析ができるようになれば、他者分析も感情がたくさん入るわけではなく、客観的に取り入れたあと、お互いのためになる感情を盛り込みながら、コミュニケーションが取れるようになります。このノウハウを学んだことがない方は、ぜひとも一度学んだほうがよいです。すべての人間関係に効果が出ます。

そうなれば、文化が違う、多様性が高い、論理性が高い言語に変わろうとも、準備はできています。準備を怠ったまま、基本が入らないまま、難易度の高いものにチャレンジすることは、やはりものすごい時間・努力・お金が必要になり、心が萎えてしまいます。なぜならば、目に見えた成果がなく、手応えとしての実感も得られないため、グズグズと遅延してしまい継続性→習慣にはならず、楽しい・ラクからほど遠いことを学んでしまうからです。実体としては、基本からきっちり積み上げれば、難しいことは何もないのですが、『ローマは一日にして成らず』『千里の道も一歩より』を噛みしめた経験がない方は、やはり深く感じておらず、「昔の人はいいこと言うなー」程度で、終わらせてしまい、自分の中には取り込んでこなかったようなのです。

さらに、「難しいことはわからない」という方もいらっしゃり、言葉が足らずとも、100万ドルの笑顔が出さればいい場面もたくさんあるのですが、その笑顔がなかなか出ないこともあります。そのためにも自分を知ることはたいへんに重要で、人生そのものを楽しく倖せにしていくためにも、人々に囲まれている自分を意識し、コミュニケーションの質を上げることが大切になってきます。この限界点を英語学習の中途で発見しませぬよう、基本をぜひとも押さえていただきたいのです。

みなさんの人間関係が、みなさんの人生や生活そのものを豊かなものにしていることをいつも祈っています。