スキマ時間をどのように活用できるか?で、英語学習の進度や理解の深さは変わってきます。これは、英語学習だけではなくて、どんなものでもそうですね。特に仕事では顕著に表れます。

スキマ時間:予定と予定の間に生じた短時間の暇、ちょっとした物事に取り組めるわずかな余裕などを意味する語。移動時間や待ち時間などを指すことが多く、勉強や情報収集などを小刻みに積み重ねるといった事柄で用いられる場合が多い。

私個人のスキマ時間の活用は徹底していて、トイレでもシャワーでもルーティーンが定まっています。デスクのPC前から離れるときにやることも無意識になってしまうほど決まっていて、もう定着しているから苦痛はまったくありません。

いくつかオンラインの記事を参考にしてみてください。

http://toyokeizai.net/articles/-/150963 デキる人は5分の「スキマ時間」をこう使う

http://shuchuryoku-up.com/pockets-of-time-292 隙間時間にできる11のこと!

http://www.eikaiwaformyself.jp/qa/sukimajikan.html スキマ時間を活用して英語学習しよう

英語学習に使える具体的なスキマ時間

  • 朝コーヒーを淹れている余り時間:お湯が湧くまで、コーヒーマシンが終わるまでなど
  • 通勤時間
  • 仕事モードに入る前の着席後
  • ランチ
  • 待ち合わせ時間
  • 移動時間
  • お風呂準備ができるまで
  • 家事終了後か最中の待ち時間
  • 寝る前
  • TV鑑賞の合間

さらに「ながら時間」を活用する

  • お風呂
  • 食事
  • TV鑑賞
  • メール含むPC閲覧時間
  • 仕事
  • 会話

英語学習に使えるスキマ時間の具体的行動

レッスンではたくさんご紹介しているのですが、一部パッと思いつくものを羅列してみます。

<Listening>

スマホや携帯に入れ込める、あるいはiPod, iPadに入れ込める音源

インターネット接続でいつでも聴ける音源

英語の動画・映画

英語のラジオ番組

<Reading>

ペーパーバッグ

スマホや携帯、iPod, iPadに入れ込める素材

<Writing>

Things to do list

E-mail

添削依頼のためのWriting

仕事の資料の英文化

チャット画面での歓談

<Speaking>

脳内英会話

挨拶

町の外国人救助:道案内等

歌:動画に合わせてもよし

チャット:ZoomやSkypeを利用したもの

<Grammar>

オンライン上の問題をやる

<Vocabulary>

英英辞典を引く

家の中・職場などの名詞チェック→名詞が済んだらその他の品詞にトライ

などなど、たくさんやれることはあります。私は学術論文を合間に読んだり、読書を日英両語でやったり、メールを合間にやっつけてそれにやるべきことリストや、今後のプランの訂正などを入れ込み、だいたい英語でやっています。そのほうが効率がいいような気がしているので (・・;)

スキマ時間の検討をしてみてくださいね!