Speakingでも日本語でのコミュニケーションスキルのチェックをお願いします。Precious One English Schoolおよび Kick Me English:独学基礎英語大全では、それを深くカバーしているのですが、英会話学校や教室で学ぶような、「ありがちな表現」を丸暗記しても、使える場面があるものとないものの差がひどすぎて、落胆すること然りです。

ヒトはそれなりにユニークで、自分の可動域や中心となるもの、頻度や目標などが違いますし、仕事内容や嗜好によっても表現方法が異なります。ましてや、そこには他者がたくさん存在するのでしょうから、その相手のことをよくよく振り返ってみることが必要です。

相手の理解を得ること・獲得することがコミュニケーションの相互通行である大前提で、ひとり語りや単なる伝達であれば、相手など木偶の坊でも埴輪でもトーテムポールでもいいわけです。相手になるべく短時間で伝わるような努力をしているでしょうか?日本語でできないものは、英語でできるようになるわけがありません。

昨今では、ここに着目して、会社に入ってからもこの手の研修が多いようです。報連相って、いう不可思議な実務AbbreviationがなぜかIMEにも登録されており、ちゃんと出てくるようになっています。びっくりです!報連相:報告・連絡・相談の略

この手のことを教わらなければならないというのが、どうしても解せぬのですが、高度経済成長 → 核家族 → 技術成長 → 便利すぎる世の中 → おひとりさま流行 → 多様性に順応中 というところでは、やはりコミュニケーションスキルは、向田邦子の『あ、うん』 を理解できるケースの発生率が低いのかもしれません。特に、文化的バックグラウンドの包括的理解なども含めると、Cosmopolitanize(ヒトを国際化する)ことはまだまだ遅れていて、時間がかかることなのかもしれないです。それを加味すると、やはり日本語での日常的なコミュニケーションスキルについてチェックしてもらってから、のほうが順番としてはいいので、よろしくお願いします。

https://commutest.com/com/

http://www.ca-japan.org/diagnostics/

日本語でのコミュニケーションスキルの足りないところや尖っているところを調整したのち、英語でのSpeakingは一体どうやって勉強したらいいのか?

最も効率的なのは、会話の場面・相手・タイミング・場所などを想定して英語で話しはじめてしまうことです。ただ、それが正しい表現なのかどうかわからないので、添削を気軽にしてくれるサービスや人を探して、「言いたいことなのに正しいかどうか自信がないこと」を、しっかりマスターしていくといいです。

ICレコーダーなどでも受け付けてくれるところや個人サービス(Coconalaのような安価で引き受けてくれる個人は探せます!)はあるはずです。

相手がどの程度正しい英語を使うか?という判断も、単なる英会話の応酬・やりとりでは、学びが残らず脳頼りになってしまうので、ICレコーダーや書き残した記録などで、初歩段階ではチェックするのをオススメします。

話せるようになるためには、心理的なプレッシャーがないことが大切なので、英語で話す相手は、自分にとって「気安い・気楽な・打ち解ける」人を選ぶか、まったくのリスクがない「知らない相手」を選ぶのが得策だと思われます。とはいえ、同じレベルで、英会話を続けることでメリットがあるのは、「スラスラなめらかに気分をラクに話せる」ということだけで、Modeling:模倣学習を積極的にしたほうがいいわけではないので、次の段階では、やはり話せる人を探してください。

ここでお金を使うのもバカらしいので、日本でどこにお住まいでも、海外から日本に住むためにいらした外国人が多いところをはっきりとリサーチしてください。そこに自分も出没できるようにするわけです。

根気があり時間の自由がある方は、観光地に出向いて困っている外国人を英語で手助けするのもいいでしょうし、お店も外国人が好きな傾向があるのでそこの常連になるのもいいと思います。最も効率的なのは、外国人観光案内所に行き、そこで外国人にくっついてツアーにいっしょに参加してしまうことですね。新宿やその他、大きな町ではそうしたサービスがあります。

日本語を教えるから英語を教えて、というサービス仲介サイトもありますし、いろいろ考えられます。がんばってみてください。

そして、かなり滑らかに話せるようになったら、自分の行動範囲や行動そのもので必要とされるであろう会話想定をもう少し厳密なものにして、詳細を話すように心がけ、ひとりの時間で脳内を活発に英語化してみてください。

そうすればきっと自分にベストな道のりが見えてくると思うのです。以上は大まかな工程ですが、英会話スクールで週に1時間や2時間よりも、きっと効果は高いですよ!他にもひねりを入れたいという方には、お問い合わせから、相談や質問のお申込みをお願いします。みっちりじっくり独学勉強法について、アドバイスさせていただきます!