英語を学んでいる方々が、Writingを開始するのは、ABCを英語用のノートに書いたのが最初でしょうか?未だにそんなことをしているのか?と不思議に思ったのでしたが、小学生・中学生の生徒さんがいらしてくれたときに実際に見せてもらいました。うはー、やってるー(笑)。

繰り返しの美学;人はPerformance(ふるまい・すること・作品発表など)を完成体にするために、どうしても繰り返さねば叶わぬということ。たとえ、最初の1回で「それなり」「けっこう」「ソコソコ」「かなり」のperformanceが叶ったとしても、上には上があるという事実からは逃れられません。

この法則性はヒトの行動のすべてにきょうつうしたもので、料理であれ、バッティングであれ、タイプであれ、水泳の息継ぎであれ、人間関係におけるコミュニケーションであれ、「さらなる上がある」という事実からはどうしても逃れられません。たとえ究極の完成体を実現できたとしても、performer である本人が「まだ上がある」、あるいは、「もう弐度と同じことはできない」と思ってしまえば、それは「一過性の出来事」となってえしまい、やはり繰り返しが続くか、歴史に刻み、勇退をして同じ行為を本気でやらなくなるというわけです。

英語学習において多くのテキスト・学習法では、「多読・多聴」をよしとするが、満足のいく程度の完成体、たとえば、よどみなくコミュニケーションが続けられる状態が、99%コンスタントに出せるようになるまで、かなり時間がかかるのだ、ということに着目しすぎているように思える。その1回や1分を減らすためのそもそもの作戦・計画・オプション・スケジューリングが為されているのか?と問うてみたい。

これまでの生活の中で、「あ!またやっちゃった!!」が多いperformanceでは、むやみに繰り返しをしても完成体までの道のりは遠いです。どこをどのようにどの程度注力したり、変更・改善すればいいのか?と、ひとつひとつのperformanceを大切にしているかどうかで、回数や時間は大いに変わります。子どもの頃の縄跳び・逆上がり・修辞などを思い返せばわかるはずで、繰り返し以外のSkills習得はないからこそ、その繰り返しをミニマムにするための下準備をしているかどうかが、重要な分岐点になることを、学習者(つまり生きているすべての人々)は知って、理解し行動化していくことが、完成体の実現には必要になります。

英語独学教材・英語スクール・英会話スクールその他を使い、英語をマスターしたいのであれば、繰り返しを実践する前に

  • 英語とは何ぞやー日本語(母国語)との差異
  • 有効・効率のよい学習法
  • 動機の見つめなおし
  • 充分な自己分析:英語のみならずすべての面における自己
  • 目標
  • 楽観的評価ができるための準備

などが最低限必要で、そうでなければ莫大な回数と時間の繰り返しが待っており、その繰り返しを一切やめてしまう可能性を大きく孕んでいる危険な状態が続くだけです。

仕事で、学校で、趣味で、英語が必要だと思い定める度合いは、個体差が大きいとはいえ、生きとし生けるものにたったひとつ平等に与えられている時間の使い方に、鈍感すぎるままでは、この先も濃密で究極のperformanceを出現しえる可能性はとても低いです。畢竟、家族・恋人・友人・同僚・部下上司などとも、意味の深いMoments:瞬間が持てる可能性も関数的に低いのではないでしょうか?

そのように考えるからこそ、Precious One English SchoolおよびKick Me English: 独学基礎英語大全では、カリキュラムを基礎から積み上げつつ、繰り返しを;

  • なるべく少ない回数と時間で
  • 楽しくラクに心の負担がなく
  • 自主的に
  • いつしか習慣になってしまうように

構成しようとトライしています。

ここを理解し共感し理解してくださる生徒さんが確実に伸びることは、データとして取れており、これまでの学習法、とくに暗記や繰り返しの時間がかかる根性論については、「なぜやってきたんだろう?」と、生徒さんたち自身よくわからなくなっています(笑)。

繰り返しをしているときに大切なことは、その「精度」「洗練度」に客観的に着目できるかどうかです。ヒトは哀れなことに、他の動物たちと同様、自分の姿を俯瞰してみることができない面倒な作りになっています。そのため客観的に自己評価をすることはとても難しく、しばしば自分に甘く、他人に厳しいという状態が安易に出来上がります。古今東西の偉人たちが残しているように、成功は他者のおかげ、失敗は自分の落ち度とするのは、非常にハードルが高いことになります。

英語を学習する本人がどの程度自分にCommit:責任を持つか)するかどうかにより、達成点も精度も時間や学習量も至って異なってきます。そのためもあり、Precious One English SchoolおよびKick Me English: 独学基礎英語大全では、この「ふりかえり」「立ち戻り」「意識化」を大きな基礎点と考え、心理意識テスト・エクササイズを織り交ぜたプログラムで英語学習を強化しています。

いわゆる「できる人」であっても、自分の至らなさを認めることは至難の技であるがゆえに、「英語だけは苦手なんだよなー」「スコアだけ取れりゃ問題ないでしょ?」となりがちなことも含め、コミュニケーションを最重要に考えたレッスンをスクーリングの際には行っています。動画での独学でも、なるべく触れ合えるように創意工夫をしていますー!

みなさんにも、楽しい繰り返し:repetitionが待っていますように♬