英語の習得は個人差があると思いますが、どれくらいの期間で習得できるものなのでしょうか?

 

子供に関していえば、当校は日本語の80%習得出来たら良いと思っています。

ただ、今のお子さんは、部活や習い事で忙しいのでアップアップして時間が管理出来てないように感じます。ご両親がゆったりと一緒に食事を出来るような環境であればそれほどかからないと思います。更に、外国の方が多い観光地に連れて行ったり、イベントに参加したりして話ができる環境を提供することを続ければ長い時間はかからないと思います。工夫の問題であって、何を以て習得をするかにもよりますが、私は母国語である日本語の8割出来るようになることが習得と考えていますので、そんなに難しい事であるとは思っていません。むしろ大人になってしまって、日本語のみで考えて来たがゆえに、大人が限りなくゼロに近いものから8割までにする事はとても大変だと思います。

でもお子さんたちはコミュニケーションを主体にすればそこまで難しくはないと思います。あとは、Writingなどは個人差になってくると思いますが、そこは楽しみながら個別に対応していきたいと思います。

 

お話の中で、家庭環境がゆったりしていることが大切であるという事が多く出てくるのですが家庭環境は子供への影響が大きいですか?

 

そうですね。幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、と段々と外からの環境の要因が割合として大きくなって来るのですが、最初ベースになっているのは“安全基地”という考え方で、子供って必ずハイハイをしている時に親を振り向きます。何故かと言うと、自分がそれ以上先に進んでもよいか、という事を確かめているのです。家族みんながニコニコ笑っていると外に進んで行く力になりますが、そのシグナルを出してあげられない人たちの集まりが家庭では困るので、そういう意味では家庭環境がゆったり愛にあふれて、ルーティンがきちんと決まっていて周りがゆったりとしていたほうがシグナルってとても見えやすいと思いますので、とても大切な事だと思います。

 

(14)につづく

 

7576419