日常生活でストレスをためない、解消するコツありますか?

 

まずは、自分がどういうストレスに弱いか、というのをみんな解析していなくない?まずはそこじゃない?例えば何のストレスに弱いか、ってきちんと3つも4つも羅列する人は、まだ見た事ないですね。ということは、やはりあまり話題にしていないとか、考えていないということなのかなーと。「ちょっと待って、あー、これかな、これダメかも~」みたいな感じで、今考えている風の人が多いんですよ。これが絶対ダメ、というのはなかったりするのです。

 

日本語でごまかす言葉としては「生理的にダメ」。どういうふうに生理的にダメなの?それはあなたの本能の中に埋め込まれているの?と聞きたくなってしまうような人がいますね。

 

じゃあ、なぜそれをストレスになっているのかを考えた事があるのか、がまず一つなのではないでしょうか。それを考えないでストレスかかっている、食欲がない・・・などは順番が違うんじゃない?と思います。例えばスーツでかけっこしているような、運動会に出ているような違和感があります。

 

なので、自分が何に弱いのかというのを真剣に考えてみて、だから今疲れているのだという事がわかっていれば解消するコツがわかるのではないかと思いますけど。

 

そうでなければ、ただの現実逃避だと思うのです。対策たてて、この人には会わないようにしよう、こういう場所に行かないようにしよう、こういう出来事にあわないようにしよう、と思っているのに、どうしてか遭遇してしまうのであれば、対策はもう少し立てられますよね。

 

だけど、自ら行っておいて解消しなくちゃ、というのはなくない?と思いますが、どう?

 

質問している自体、私が自分の事をわかってないな、という事がよくわかりました(笑)。どうしても付き合わないといけない人っていますよね?

 

血縁だからって会わないといけない、というのもないと思うのです。親子でも縁切りしてもいいと思うのです。子供がかわいそうなのは、経済力がないうちは親のいう事を聞かないといかない、同じ屋根の下に住まないといけない、親権がどこにあるかというのを問われてしまうからですけど。最近毒親という言葉が流行っていますが、そこにこだわる自分というのを良く考えてみたほうがいいと思います。親の代わりになるようなすごい先輩というのが大人はいっぱいいると思うのですよ。

 

だからよく導いてくれる人の袂(たもと)の下にいるようにすれば生き延びるチャンスは高くなると思います。血がつながっているからしょうがないじゃん、って事は本当にあるのかなあ?法律で決められている事だったらしょうがないと思いますけど。私は母と、ものすごく相性が良いわけではないのです。

 

でも今まで育ててもらった恩義とかこんな難しい子どもを良く育ててくれたな、という感謝は深くしています。もちろん母から、彼女なりの目いっぱいの愛情も貰っているので縁は切りませんし、そんなに険悪な仲ではないですけど(笑)。だけど、切ってもいい親なら切っていいと思いますし、子供でも切っていいと思います。友達でも親友で長いつきあいだから切れない、とかいうジレンマは必要ないと思います。それがストレスであれば。

 

(31)につづく