これまでお話を伺ってきてとても興味深かったため、Kick Me English 体験レッスンを受講して来ました!体験レッスンの一番最初が英語ではなく、今までの英語の学び方、自分の日本語のレベルを見極める内容だったのは何故でしょうか?

 

受けてみてどう思いました?納得はいった感じ?

 

とても納得出来る内容でした。

 

問題は、マスターしなかった状態で英語スクールに来るわけですよね。その時に洗い出しをしないといけないと思っています。なぜならば、ここからまたスタートするのに失敗する方法というのを学んでも仕方ないですよね。今まで中学、高校と英語の授業をやってきているはずなわけで。

 

何時間くらいあったか知っている?

 

・・・・・?

 

今の文科省の基準は1500時間近くあります。もっと増えていくかもしれません。1500時間あれば喋れるようにならないの?という不思議さですよね。ですので、やり方が間違っていたのかどうかというのを自分でしっかりと刻んで頂くことが、とても大切なプロセスで、学び方を振り返って頂くというのと、あとはどう理屈で考えても自分の母国語を超えた英語を使えるようにはならないことを知る、というのが大問題なのです。みんな個人差がありますよね。自分の母国語である日本語のレベルをはっきり見極めた段階で、どのようなコミュニケーションをしているか、どういう言葉の並べ方をしているか、どう選んでいるか。それを意識して頂くことによって英語でもそこに意識がいくようになりますよね。なので、リセットというか、英語に実際入るまでは7・8レッスンあるのですけど、綿密に準備して滑走路を綺麗にしておいて、バーンと飛び立ってもらいたい、というのがあります。本当の意味の英語というよりは、道路ならしというか運動でいえばストレッチ、ラジオ体操、みたいな。そこに重きをおいています。そうしたら成功率があがると思います。どうですか?

 

そうですね。一番最初に英語のレベルチェックとかがあったらすごく緊張してしまいますし、最初に自分を知るという事でリラックスも出来ましたし、実際自分自身のことで知らなかったこともたくさんありました。

 

(32)につづく