レッスンでは、まずListening:リスニングにチャレンジしてみたい小説を選びました。

そこから入るのは何故ですか?

 

好きすぎる、すごく好き、というのを目指す中で、多くの人が小説を一冊読んでみたいというのは夢の中の一つとしてあると思うのです。それを、もう早速やっちゃおう!という感じ(笑)。

 

あとは、リスニングの聴き方を教えている学校というのは少ないと思うのですが、当校では3時間くらい時間をかけてレッスンします。本当にリスニングからやっていこう、としているので続ける、生活の中で継続させる、リスニングを盤石不動のものにする、というのが目的なのです。しかも、音をたくさん聴くというのを癖にしてもらいたいので五感の中でも目よりも耳、です。映画も悪くはありませんが、主として耳を使ってもらう事をやろうとしています。

 

長い方がいいじゃない?(笑)小説だと長いので自分の教材としてあたためる、愛着が湧く、というのも目的としています。続けている自分が好きになるという効果もありますので。それで小説を選んでいます。

 

英語のリスニング力をアップするために普段の生活で意識できる事はありますか?

 

 

日本語で聴いている癖を自分でとらえる事とか、もっと日本語を聴く耳を良くする、という事が言えると思います。例えば風の音を聴いた時も強さがわかったり、水の音を聴いたら水の量はどれくらいなのだろう?どこから来ている水なのだろう?というように耳の良さそのものを上げて行く事がとても大事だと思っています。今は、目で情報を得る事がパソコンにしてもスマホにしてもとても多いのでみんな目が悪くなっていますよね。だったら他の五感を使って生活してみるのもアリだと思うのです。ほかにもリスニング力をアップするというのは、敏感になる、体の声を聴くというのもとても大切だと思っています。体調が悪くなる、というのが予感で分かる人と分からない人がいるじゃない? わかったほうが得ですよね。あ、ちょっと何とかしなきゃ、セーフ、ってなるほうがいいので体の声を聴くというのも五感のひとつとして大切なので、そのような生活をするのがいいかなと思います。

 

 

(38)につづく