きくみ先生が意識して摂取している食材はありますか?

 

きのこ !

 

きのこですか? 特にいいものはありますか?

 

きのこ類は全般にいいんだけれども、まあ、しいたけ。一番栄養価が高いと思います。嫌いな人多いですよね。きのこはカロリーがほぼほぼなく、ビタミン D がとても多いですし、 食物繊維が多いです。とってもたくさんのミネラルが入ってますし、 葉酸があるじゃないですか。 どんな料理でもちょこっと入れられる。なので、一日一回は必ず食べてる感じです。

 

そしてビタミン B 群をいっぱい摂取しようとしています。なぜならば脳にとってもいいからです。お肉の中ではやはり豚肉がフィットする感じですかね。アメリカの豚肉がものすごく美味しかったので、日本では細切れをなかなか食べなくなりました。アメリカのロースは、鹿児島の黒豚ロースと同じぐらいですかね。

 

おとといは、大量の人参で人参サラダを作りました。カロチンがいいんですよね。

 

私は元気がなくなると、 みんながお肉!というところを付き合うんですが、劇的に疲れてる時にはうなぎに行きます。うなぎはビタミン A、 B 1、 B 2、 D ,それに DHA と EPA が沢山入ってます。甘いタレは苦手なのでお店の人が見ていない時に、ちょっとお醤油を足してしまいます(笑)。 お家では白焼きを食べてます。

 

パンはあまり好きではないんですね。好き嫌いというよりは、興味がないというところでしょうか?お米が大好きです。咀嚼をいっぱいして、食べてる感がとても好きです。宮城と山形のひとめぼれの違いぐらいはわかりますよ。

 

歳を取ってきたらものすごくたくさん野菜を食べるようになりました。アメリカではレタスも10種類ぐらいあったんですけれども日本ではあまりないですよね。しかも高い。香味野菜も充実していて、パセリ・クレソン・パクチー・セロリなどなど、大量に買えるので嬉しかったです。

 

ただアメリカでは日本の野菜が、 和食スーパーでしか売っていなかったので、 いつも清水の舞台から飛び降りていました(笑)。おとといも、 きゅうり・ザーサイ・白ごまに、ごま油と塩で味付けしたものを大量に食べました。

 

ああそうそう、 油の種類は厳選しています。ココナッツオイル・亜麻仁油は苦手なんですが、オリーブオイルとごま油に徹していて、マーガリンもとりませんし、サラダ油も避けています。

 

魚は子供の頃死ぬほど食べました。週に一回だけしかお肉は食べられなかったのです、しかもひき肉(笑)。その反動かアメリカに行って、最初のうちは何を選んでいいかわからなかったです。ステーキ肉よりは、何かに混ざっているという食べ方が好きですね。最近疲れている時は、まとまったお肉は食べてます。 年を取るとお肉がいいらしいですね。お鮨屋さんにはなるべく行くようにしています。

この食生活が本当に脳のためにいいのかどうか?信じることが大切だと思ってます。少なくとも、 私の脳は右肩上で、いつも今が一番頭がいいな、 開店しているな、という状態です。

 

(44)につづく