きくみ先生が好きなスポーツは何ですか?

 

やるのであればテニスと好きなんですけど、最近は情けないことに仕事が忙しくて、全くスポーツをしていません。家ではスクワットやプランクをしているんですけども、運動量として見れば屁の突っ張りにもなりません。 こんな年になっても、 時折自転車で立ち漕ぎをしてみてしまいます(・・;)。

 

見るのであれば、 一番好きなのはアイスホッケーです。アメリカには大リーグスポーツが四つあって、野球・バスケット・アイスホッケー・フットボールなのですが、私はアイスホッケーが一番好きでした。

 

理由はありますか?

 

アイスホッケーには生き神様と思われているほどの、 The Great Oneという冠のウェイン・グレツキー Wayne Gretzkyという人がいます。皆さんは2010年の東京オリンピックバンクーバーで、もしアイスホッケーを見ていたら覚えてらっしゃるかもしれません。監督をしました。 それに最後の聖火ランナーをしたんですよ。彼の生い立ちがいじらしく、 天才の中の天才で、 彼が樹立した記録はあと300年アイスホッケーが続いたとしても、全てが破られることはありえないと言われています。伝記を読むと泣けます。

 

スポーツそのものは、小さいパックが2ー300 km ほどの時速で動くんですね。ですから見ている方も動体視力がない限り、追いかけてはいけないんです。しかも5対5の選手が、目まぐるしく変わるので、集中してみない限りゲームが楽しめない仕組みになっています。さらにペナルティボックスがあり、5対4で試合をする時間帯も設けられているわけです(・・;)。器具を使うスポーツは、結構な練習量が必要だと言われています。天性のものもあるかもしれませんけど、見えない努力というのもとても大切な気がしています。

 

サッカーが好きな人には大変申し訳ないんですが、パックが早く動くので、 私にはサッカー選手が走っても、とても遅く感じてしまうんですね。しかも試合が長い(・・;)。90分とっても長いです。ホッケーは、 time もあるんですが、15分かける3セットなんです。スピーディーな感じが見ていてとてもスッキリ感です。

 

一点の重みについて考えると、野球はとても点数が上がることもあり、途中で逆転がないことが読めてしまうこともあります。 サッカーは一点の重みが重すぎて、「いやー、もうだめだろー」と見ているときも辛くなってしまうことがあります。アイスホッケーは、 見ている側からするとちょうどいい感じなんですね。

 

ラクロスや水球も好きですが、日本ではあまりやってないので見ることがないですね。

 

自分がテニスをやるのでテニスを見るのも好きなんですが、 日本でのテレビ放映は少ないように感じます。ゴルフも見るのが嫌いではないんですが、ブチブチ切れているので、 ハイライトだけ見ればいいか・・・という気になってしまいます。日本は最近水泳が強いので、あっという間に決着もつくので、水泳は見たいなと思います。

 

私個人は、 おばばになった時の事を考えて、筋力運動をたくさんして、ボルダリングができるようになれればなと思っているところです(笑)。

 

(47)につづく

 

T7188