独学ができる自分を作るために大切なことは何でしょう?

 

今まで英語学習を失敗してきた人がたくさんいるので、 これ以上お金は払いたくないし、傷つきたくもない、と考えて自然だと思います。一生懸命英語学校を探しても、いいところなんてあるはずがないと絶望している方もいらっしゃるかと思います。

 

そうなると自然、オンライン上にある独学教材で勉強したり、書店で独学教材を購入したり、無料の教材を探したりするかと思います。

 

PRECIOUS ONE English School は、英語スクールの中ではおそらくとても安い方だと思います。グループで受講していただければ、一年間で20万ほどしかかかりません。それで基礎が全て入るのであれば、来てくださった生徒さんには大好評です。1年後の進歩は、生徒さんによってやはり個体差がありますが、やる前に比べるとが格段と違う、という結果にはなっています。

 

カリキュラムの面白さとして、体験レッスン2時間を受けていただいた後、次の単元が、「独学の準備」なんですよね(笑)。おそらく皆さんのイメージとしては、 英語スクールは、継続して何年も通ってもらうことを目標にしてるように考えてしまいがちなんだろうと思いますが、 PRECIOUS ONE English School は、そもそも独学を推奨しています。

 

本当の意味で正しい独学をする、 効率よく、確実に何かを身につけられる学習をするには、 ある程度の条件が必要です。それを第3回目のレッスンで学んでいただくわけです。その中では皆さんが考えたこともないような、 日常を変化させていくたくさんの Tips があります。なぜ最初に独学をおすすめするかと言うと、一週間に2時間はレッスンを受けていただきますが、6日半は独学をしている状態と同じだからです。 PRECIOUS ONE English School は、座学はなるべくしてほしくないのですが、生活の中に英語を取り入れていただくため、あらゆる解説をいたします。スクーリングをしてる間に、是非とも実践していただきたいことをまず最初のレッスンで、フルに学んでいただくわけですね。

 

そうなると、その後一年弱の成果は大きく変わります。

 

継続するということは、苦痛がない方が確率が高いことになります。習慣の中に取り入れ、気づくと自然に行なってしまっている。これがベストな状態です。習慣になるまでの、3週間から2ヶ月、ものやことによっては3ヶ月、が一番辛いと思うんですね。だからここの期間はしっかりスクーリングをする。そういう割り切りがあった方が、 その後の人生に大きく差が出るような気がします。

 

一番大切なのは、独学をするには「自分をよく知っていること」 というのが、 最も本質的なことです。ですので心理レッスンがたくさん入っているわけです。自分のことはある程度知っているという「 ある程度」 は、 実際にレッスンをしてみるとかなり少ないことがわかりますよ(笑)。

 

(53)につづく