人工知能についてどう思われますか?また人工知能が発達しても将来的に残る仕事は何だと予測されますか?

 

人工知能、いよいよそういう時代がやってきましたよね。1980年代、最初に映画 ”Terminator ターミネーター”を見たときは、 SF ちっくに捉えていた人が多いですが、私はすでにアメリカにいたので、結構シリアスに見てましたね・・・。こういう時代が来るんじゃないか、とは実は思っていました。そして数年前、Dr. Stephen Hawkingホーキング博士が、まさしくこうした時代が来るんじゃないかと提言した時には、なんだか飛び上がるほど嬉しくなってしまいました(笑)。

 

我が家には、 Ok Google! に来てもらう予定はありません。アマゾンのものでも同じです(笑)。だったらまた新しい犬か猫に来てもらった方がいいですね(笑)。

 

さて  AIが発達すると無くなってしまう 仕事はたくさんあるように思います。すでにマスコミで取り沙汰されているのが、データ入力が主になる仕事だと思います。銀行員の他事務一般行ってらっしゃる方々には、リストラの懸念が生まれています。

 

ちなみに以下が危険にさらされている職業です:

 

  1. 小売店販売員
    2. 会計士
    3. 一般事務員
    4. セールスマン
    5. 一般秘書
    6. カウンター接客係
    7. レジ・切符販売
    8. 荷物の箱詰め・積み下ろし作業員
    9. 金融取引記録保全員
    10. 大型トラック・ローリー車の運転手
    11. コールセンター・施設の案内係
    12. 乗用車・バンの運転手

 

既に私がティーンエイジャーの頃とは違って、ウェイトレスも楽をできるようになってきましたもんね(笑)。

 

将来的に残る仕事ですが、人と人との心のふれあいを、コミュニケーションを、即興的に必要とされる仕事だと思います。そのためには どんなスキルが必要なのかというのも、 英語スクールではありますが心理レッスンで行なっています。

 

弁護士や会計士監査士、医者、看護師、などなども、心をどれぐらい慮れるか、本当の意味でのコミュニケーションができる、即興的に本質を見極めることができるか、などのスキルが問われて行くことになってきますよね。

 

わざわざ人がやらなくてもいいことが、これまで行われてきたわけです。それに関しては懐かしさはありますが、 「またあの時代に戻りたい」などと、 私などは思わない性格です(笑)。ただ普通の人々も、生活をしていく上で、  AI の使い方をわかっていないと、なかなか不便かもしれませんね(笑)。

職人や作家詩人、 芸術家、料理人など、自分なりの世界を大きく広げていける人たちには、 AI が到達できない広がりのある世界が、展開できると思います。頑張って欲しいですね。

 

(54)につづく   

 

Robo girls with outstretched hand