アメリカのコレが食べたい!!と思い出される食べ物は?

 

たくさんのエスニックフードと呼ばれるものが、シリコンバレーでは食べられました。アジア人の意味も多かったですし、多様性の典型的な受け入れ口としては、食べ物というのは手軽なものだと思いますし、好き嫌いの強さが邪魔しなければ入りやすいものだと思います。

 

ところが私は多くのアジアフードよりは、ラテン系や 中近東の食べ物方が好きだったかもしれません(笑)。辛いものは好きなんですがとにかく汗をかくので、外食で食べるのはなかなか勇気がいるわけです(笑)。そのぐらいすごい汗なわけですね (・・;)

 

Cajun foodと呼ばれるものが私は大好きでしたね。 https://www.foodnetwork.com/topics/cajun 英語

https://travel-noted.jp/posts/6162 日本語での紹介

 

これはどちらかというと唐辛子ではなくて黒胡椒の要素が強いですね。

 

ベトナムラーメンのPho:フォーは、日本で売っているものはちょっと違うような気がしています。

 

アメリカで出されるものはベトナム人経営のお店で、このように バジルが山ほどついてきます。牛肉の一部は生のまま盛り付けられており、熱々のスープがかかっているので 食べている最中に生ではなくなるわけです。ここに刻まれたにんにくや青唐辛子お好みで入れていきます。これでだいたい1000円ぐらいなので、日本での料金はちょっと払う気になりません (・・;)

 

他にもレバノン料理や、トルコ料理などかなり充実して食べていたような気がします。

 

何はともあれ、アメリカから来ているステーキ肉が、 日本での評価は低いような気がしています。アメリカで食べるステーキは、確かにサシが少ないですが、 私は脂身がさほど好きではないので大好きでした。

 

こんなに大きい T ボーンステーキは食べることはほぼなかったんですが、一番小さい6オンスで私は満足でした♬これにワインがつくと絶品なのです。

 

他にもやはりイタリア系の人達が作ったサラミはとっても美味しかったです。 さらにチーズですね。普通のスーパーでも日本の10倍ぐらいの種類があるので、色々試してみて美味しいものをくるくるいろいろ食べていた記憶が強く残っています。

 

(85)につづく