夏休み中、海外に行かれる方も多いと思います。知っていると便利なフレーズがあったら教えて下さい。

 

https:https://www.rarejob.com/englishlab/column/20170918/

//www.alc.co.jp/speaking/article/travel/

 

https://eikaiwa.dmm.com/blog/8268/  

 

ここにこんな便利なサイトがあります。でも、これを暗記するだけで本当にいいのか?ということを自問自答していただけたら、と思うんですよ。これを暗記してしまえば、けっこうな憂慮が取り除かれて本当にラク!と本当に自由になるんだったら、それはそれでいいんでしょうけど、旅に行って、何を見て、何を体験しようとしているのか?を考えていただくのが、Precious One English Schoolです。

 

たとえば心理レッスンで、Mobility/Schema/Identityというレッスンの1時間があるんですが、まぁ、たまに1時間で終わらないこともあるんですが(笑)、これを知っているか知っていないかで、人生の行き方が変わると言ってくださる生徒さんは複数います。「ああ、こうして自分の考え方を整理するんだ」「こうして自分を探すんだ」「こうして自分の生きていく環境を見極めるんだ」と。

 

これを学んでしまうと、このような便利なサイトでフレーズを学ぶことは「圧倒的に足りるはずがない!」とわかってしまうわけです。暗記したものを脳内から絞り出したり、手繰り寄せたりするようなカンバセーションでは、到底楽しめないことがわかってきてしまうんですね。

 

だって、今はスマホで翻訳することだってできますから、それを見せて筆談する人だっているわけですし、誰か英語ができる人にくっついて旅行を終える人だっているわけです。

 

でも、そんな便利に便乗するだけで、「私はコレで本当にいいの?」という好奇心や探求心、ましてや自分のことを知りたい、もっと能力を高めたい、と思う心が強ければ強いほど、これじゃないな、とわかってしまうはずで・・・。

 

そう感じた方々のためにある、英語スクールの在り方を、私はいつも考えて続けています。

 

よくいらっしゃいますよね。「旅行に行って日常会話くらいはできるようになりたい!」と、けれども、日常会話がイチバン難しいです。このフレーズ集にあることを本当に話したいのか?そう言っておけば最高の自分に出遭えるのか?よく考えてみたら、やっぱり違うと思えるんじゃないでしょうか?

 

しかもフレーズって(笑)。Phraseを辞書で引くと、

フレーズ:1 句。成句。「キャッチフレーズ」2 音楽で、楽句。

句:[名]1 文中の言葉のひと区切り。2 詩歌の構成上の単位。㋐和歌・俳句などで、韻律上、5音または7音からなるひと区切り。また、その組み合わせでひとまとまりとなったもの。「上 (かみ) の句」㋑漢詩で、4字・5字・7字などからなるひと区切り。3 連歌・連句の発句 (ほっく) 。また、俳句。「句を詠む」4 慣用句やことわざ。5 言語単位の一。㋐単語が連続して一つのまとまった意味を表し、文を形成するもの。また、それが文の一部分をなすもの。フレーズ。㋑二つ以上の単語が連なって、あるまとまった意味を表し、一つの単語と似たような働きをなすもの。「副詞句」㋒文の構成要素の一つで、一つの自立語、または、それに付属語のついたもの。文節。

さ、このうちのどれのつもりで使っていますか?このような危うい言葉の使い方はしていただきたくないのです。

 

英語では、

a short group of words that are often used together and have a particular meaning:

 

文法上は、Proposition+Objective(前置詞+目的語)を指すことが圧倒的に多いです。ここでは、文:センテンスというのが本当の意味になりますね。

 

(87)につづく