学習時間と期間

ご自分の生活時間に合わせてください。できれば毎日同じ時間に同じ行動をするのが平日。遊びやイベントを入れるのが休日、のように組み立てられればベストです。

1日分の独学ヒント・Tipsは個人の好き嫌い・スキルによって差が出ますが、30-60分以内で終わるものをアレンジしていきます。ですので、朝通勤時間内で、考えることだけはしておく、など、工夫を凝らすと、1日1つ!が完成していきます。

好きなものや得意なものは、1日分以上ができると思いますので、作ったシートに日付をしっかり入れて記録してください。フリー配布はこちらから:独学記録シート

まだSteps for Learningのコンテンツは次々と増やしていきます。予定では、365日(1年分)X 3年を目指しています。Precious One English Schoolのレッスンをしながらコンテンツ作りをしていくので、1日あたり1週間分も増やせないこともあるかもしれません。が、1年以内には3年分を必ず掲載しますので、3年以内に、しっかり英語を使える自分になるイメージをしてください。

スクーリングをしている生徒さんは:

  • 1年で2時間ほどは英語が話せるようになる:わからない単語はわからないなりに相手に訊きながら、話題提供や笑顔など、緊張などがほぼない状態で
  • 1年2か月ほどでListeningに関しての不安は一切ない:ふれあいがない母国語が他言語の方々の英語が聞き取りにくいくらいになるが、English Nativesの話していることは聴ける
  • 1年半ほどで自分が学びたい分野をはっきりわかってきていて、苦手が全般的になくなってくる
  • 英語の映画は、最速の方が4か月ほど、平均的には8か月ほどで字幕ナシで観ることができる:一部文化的コンテンツや英語独特の言い回しがわからない場合、講師に質問する程度となる
  • 自分の性格がわかってきて、世界のさまざまな人々に混ざることに不安がなくなり、生活の中での人間関係に迷ったり、問題を抱えたままでいることがほぼなくなる;悩んだときにはしっかり問題解決まで話せる相手が見つけられる;これは個人差が多いのですが、心理レッスンが進むと実現します
  • 独学が進み、家のPCやTVなど、流しておける英語の番組やコンテンツが満載になり、生活の中に英語が定着する;これも普段の忙しさで個人差がありますが、だいたい1年ほどで整備でき、コンテンツの入れ替えなども自主的にできるようになります
  • 出張や会議などの英語作成の資料は、以前の半分以下の時間で作成できる;お仕事の内容によりますが、これができるようになって転職する方はとても多いです

他にもさまざま質問等があるかと思いますが、主宰である私やNative講師と直接やりとりが恒常的にしたい場合は、「チャットワークで繋がる」という学び方があります。

ツールバーへスキップ