steps for learning

Day 1

英語学習のための整理整頓 1 所有している英語関連のもののチェック

さっそく自分の英語学習の態勢から整えていきましょう!

まずはどこに眠っているのか、あるいは本棚に見えているのか、英語関連の書籍を取りだしてください。並べてみて、

  1. 今後も使えるもの
  2. もしかしたら今後も使えるもの
  3. おそらく使えないもの
  4. 使えないもの

の4種に分けてください。

3.4.は捨てていただきたいのですが、未練が残っているはずです(笑)。これらはどうしたらいいでしょうか?洋服や日用品であれば、近藤麻理恵さんの「ときめき指数」でなんとか決断できるんでしょうけれども、英語の書籍は、プロに見てもらうしかありません。写真を撮影してくだされば、チャットワークに添付してこちらで判断します。

チャットワークにお申込みではないみなさまは、お友だちの中に英語ができる方がいらしたら判断してもらってみてください。

ただ、このサイトの主宰者である私、大平が思うに、辞書以外のほとんどのものは使えないと思います。なえそう言えるのか?日本には、統合的な英語を学ぶためのテキストは、ほぼ存在しないからです。分類をして、Listening用、文法用、などとしている割には、そのシリーズものも、さほど論理的なものではないように見えます。さらに、文法はひどく、使う頻度や相手や場や機会が変わったときに言い回しなどを、しっかり言及しているものはなく、インターネットなどで検索したほうがまだたくさん出ています。

持ち物についても、ミニマリストになる必要はありませんが、なるべくコンパクトでシンプルなほうが、おそらく本当の意味での「英語力の積み上げ」になるので、ぜひとも思い切っていただきたいです。

その次に観ていただきたいのが、CDです。英語関連のものはありましたか?それらも1-4の種類に分けてください。捨てるものは捨て、判断しきれないもの(2・3)は、写真に撮ってチャットワークに添付するか、友人に質問してみてください。

この「英語ができる」とあなたが思っている人も、実際はあなたが1年後くらいに英語が使えるようになってみると、「うーん、それほどでもなかったかも」と感じられる日が来るかもしれないことは、最初に宣言しておきます。たとえEnglish Speakersであっても、教えることに長けているわけではないので、その判断ができないかもしれませんしね。

次に手をつけていただきたいのが、PC・タブレット・スマホです。英語関連のサイトをお気に入りに入れていたり、翻訳サイトなどを入れ込んでいますか?これらが多くなければそのままでもいいのですが、けっこう数あるぞ、という自覚があれば、整理整頓してください。

もうひとつやっていただきたいのは、進捗表の確認です。Excelで作成したこのシートを開いて、使い方を確認してください。こちらは、チャットワークにお申込みではない方にも無料でお配りしています。

オンライン上でノートを作るか、手書きのノートを作成することをおススメしています。1週間か2週間、あまり多くメモやノートを取らない方は、1か月毎に、しっかりとそのノートも整理してください。

Precious One English Schoolでのスクーリングでは、ブルーの色付き用紙を使っていただいており、それにレッスン中にノートを取っていただいたものを、再受講の際やノートの振り返りのときに、きちんと整理してもらっているのです。やる人とやらない人では、明らかな差が出ます。

整理、整理とたいへんうるさいようですが、今後は、脳の整理をしていきますので、これが肝心です。量が少ないものを整理できたら、もうあまりぐちゃぐちゃにはしたくないと思うのです。最初が肝心です。

さらに、手書きをする方は、文具を整えてください。気持ちを新たにするために好きなものを揃えるのもいいですし、使いやすさを追求するためにネット検索をしてみてもいいですね。

もしもオンラインレッスンを受講してくださる場合は、スマホでの撮影物の添付、ICレコーダーでの発音チェックの他、さまざまなことが可能です。オンラインレッスンは、ヘッドセットでしっかり発音が拾えるものを準備してください。

きれいになりましたか?気持ちが新たな方向に向くことが重要です。30分から1時間でこれほど清々しい気持ちになれるのか?というくらいの成果が上げられたら上等すぎます!

あとは滑り出すだけ。それほど難しいつらいことは待っていません。なるべく簡単に、吸収できるように工夫していきます!ではまた明日♬

ツールバーへスキップ