steps for learning

Day 23

独学の準備 6 独学に必要なもの

本日は、理想的な独学の準備のために、まとめをしていきます。明日の自分の振り返りをしっかり、客観的にするために理解が必要なので、ポイントズレをしないように理解してください。

  • 自己を知ること:これが最も難しいことではないかと思われる。

自分を知ることは生涯続きます。なぜならば環境や環境に入っている内容(人々・流行・仕事・学習対象・遊び・食物など)が変わるため、自分もやはりアジャストしていくわけです。ただ、その変化というのは微細で気づきにくく、測りの尺が細やかではない場合にはとてもじゃないけどわからないくらいなのです。観察力がついていないと気づけないくらいのもので、自分が好きでないと、自分が生きている世界が好きでないと、悪いことばかりに気づくかもしれません。

さらに、ヒトの宿命として客観性が乏しいこともあり、過大&過小評価をしてしまう傾向もあります。そこも気をつけねば、自分の本当の姿を知っていることにはなりにくいので、変化に適応していると思いこんでいるだけの状態も出来上がってしまいます。

独学レッスンが進むと、Self-Esteemの数値の出し方やその評価・理解などが進みます。楽しみにしておいてください。

  • 常に自分が正しいと思い込まず、かといっていわゆる「売れている本」=多数決が正しいと思い込まないこと

上記の客観性も大きく関連しますが、日本人は in-group 主体で物事を考える民族です。洞察力や共感能力が高い代償として、多数決に流されやすくなりがちです。自分がグループに属していると少数派・意見について寛大になりにくく、正しいものが見えないことも多いです。あなたはどうでしょうか?

  • 必要とあらば、孤独すら楽しめるようになること

独学は孤独です。賢くなればなるほど、孤独感は増しますが、古今東西賢い人々はたくさんいましたし、今もちゃんとどこかでひたむきに生きています。遠く離れていても一体感が持てるようになってください。必要とあらばチャットワークで繋がりましょう!

  • 成功体験を積み重ねることでヨロコビを確認すること

ヒトは成功体験の塊ですが、ふだん、それを感じないまま生きています。会社に時間通りに行けた!仕事が一段落した!元気にランチを食べられた!などなど、たくさんの成功体験があるのですが、日頃はそんなことを数えることもしていません。ヨロコビを確認することは直接自信に繋がりますし、さらなる創意工夫をしたくなる呼び水になります。ぜひとも習慣化していただきたいです。

  • 実際に目標に到達するための計画性やその論理をしっかり解析し、自分のための地図を描けること

他者と同じプランでまずは王道をなぞる、というのは、初期段階ではアリかもしれませんが、あなたは特別でユニークな存在なはずです。自分用にアレンジする力をぜひとも持ち得てください。英語は論理性が高く、多様的で、それをさらに細分類化したい言語です。しかも狩猟民族は、「獲得型」の生き様を反映しています。多くのアジア民族のような「工夫型:受けたものをさらに工夫することを得意とする」ことよりも、まず獲得していくことに意義を見出します。ここを忘れないようにしてください。

  • 生きていくことに必要な概念に対する自分の考え方を持つこと i.e. 時間概念・多数決論(比較論)・善悪などの個別の価値観に基づく世界観など

多様性が高く、細分類化している文化においては、話す内容もさらに遠くに、さらに深く、というのをモットーとします。問われたときに「そんなこと考えたことすらない!」というのはつらいです。そこでプッツリと縁が切れてしまうかもしれません。人品・品格・品位・美徳などが、自分の意見に必ず含まれています。ぜひともグループが考える「基準的」なものから頭1つ以上抜け出ておいてください。

  • 今の自分は完成体ではなく、まだまだ学びの余地があるという謙虚な態度と、学べることに対する感謝を持つこと

ヒトは過去400万年弱ほど、サルの1種から進化して以来、ずっと進化を続けてきています。完成などはなく、順応できなければ絶滅です。その日まで生きることは不可能ですが、命を繋いでいる一員であることは確かなことです。何を次の世代に渡せるのかをしっかり考えると、まだまだ学べるというのはすごいことです。そうしたゆとりがあることそのものに感謝できているかどうか、いつも確認してみてください。

英語は特に、Thank you, please をマジックワードとして頻用します。感謝があることによって、生かされていることを意識することによって、学びはますます進み、英語のみの学習が終わったときに、得られることも層倍になっていきます。

では、明日は自分の振り返りをノートに記録することに終始します。

ツールバーへスキップ